watchOS 3になって、前よりもずっと使いやすくなったApple Watch。

iOS 10とwatchOS 3がリリースされて、各OSのアップデートをすること云時間、
やっとアップデートが終了しました。

長かった。。。

でも、長かっただけの甲斐があって、watchOS 3、最高!!
素晴らしいぜー!!

iPhone 3GからOSのアップデートを重ねるごとに使いやすくなっていったのと同じように、
Apple WatchもwatchOS 2と比べてだいぶ使いやすくなった印象です。

アプリの起動も、7倍速くなったというだけあって、体感でも結構速くなった印象です。
まだ使ってませんが、Breatheという深呼吸推奨アプリが追加されたり、
Apple Watchを探す機能も追加されました。Apple Watchの方がiPhoneよりも小さいので、この機能があると便利かも。

そして、サイドボタンを押すとDockが出るようになったおかげで、アプリの移管も簡単。
下からのスワイプではDashboardが出てきます。これはiPhoneと同じスタイルですね。
また、左右のスワイプではWatch faceの変更が簡単にできるようになりましたよ。
今回、新しいwatch faceが追加されましたが、その中で僕が特に気に入ったのがコチラ↓
 
img_5444
 
これ、シンプルでいいわー。

数字の5は、5時の”5″です。
フォントも5,6種類ぐらいの中から選べて、色の種類もたくさん。
バッテリーの容量や、アクティビティログ、天気やスケジュールなど、
スマートウォッチの画面はディスプレイなだけにいろいろと表示できますが、シンプルな方が僕の好み。
これは、時間と日付だけの表示ですが、数字も時間によって移動するのもいい感じです。

ミッキーもタップすると喋って時間を教えてくれるので面白いんですけどね。

 
今回のアップデートにより、watchOS 2にあったtime travelという機能がなくなった<訂正>iPhoneのwatchアプリ内マイウォッチ>時計から使用のオン・オフを選択できるようです。
また、glanceもなくなりました。glanceがなくなったのはちょっと残念かな。
watch faceの変更よりも、左右のスワイプでglanceができる形で残しててもらった方がありがたかったかも。

ともあれ、watch OS 3、最高です!
すごく気に入った!!

これがApple Watch Series 2ならもっと使いやすいんだろうと思うと、買い換えたくなりますねえ。。。笑

 


You may also like...