これでシワにならない!効果的な衣類のパッキング方法!

旅行や帰省、出張時に気になることの一つが衣類に寄ってしまうシワ。

Lifehackerが、スーツやドレスなどがシワになりにくい衣類のパッキング方法を紹介しています。紹介されている方法はコチラ↓

通常サイズのスーツケース向け

  1. 服の半分をスーツケースの底に敷き、残り半分は外に出したままにしておきます。
  2. 手持ちの服をすべて重ねて入れ、スーツまたはドレスの上半分をその上に折り重ねます。
  3. 袖部分やパンツにはさらに重ねることが可能です。たたんだとき、内側に詰め物が入っていたほうが折り目がつきにくいのです。

 

小さなかばん向け

  1. 一方の肩部分を裏返し、そこに反対側の肩を押し込みます。その際、上身頃の縫い目と襟の位置が1列になっていることを確認してください。
  2. それから、スーツを半分にたたんでください。
  3. 次にズボンでスーツを包むように折ったら、あとはかばんに入れるだけです。

具体的なパッキング方法を動画でもどうぞ↓

 

中に詰め物が入っているおかげで生地がフラットになり、シワがよりにくいということだと思いますので、最初に服(スーツやドレス)を入れた時にシワができないようにピッチリ入れることがポイントですね。

ガーメントケースに入れて、スーツを別で運べるのが一番良いのかと思いますが、荷物を一つにまとめて移動したい方にオススメです。

なお、もしシワがついてしまったら、シャワールームで熱いシャワーを出して蒸気で充満させ、シワになった衣類をハンガーにかけて蒸気にしばらく当てていれば応急処置することができますよ。

<via Lifehacker>




You may also like...