ヤマハ SR400 に新色デビュー

ヤマハ SR400の誕生年”1978″をあしらった新色が発売されたそうです。

新色は「ビンテージ・アクティブ・カジュアル」をコンセプトとしたダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック1 (リーフグリーン)で、誕生年“1978”を織り込んだ400のロゴをあしらったタンクグラフィックを用いている。<response

と、ビンテージ感ある色合いとデザインだそう。

もともとウインカーも大きいし、クラッシックな佇まいなので、よりビンテージ感が増した感じですね。

SR400、やっぱりいいわ。ま、今回のは、若干 初代仮面ライダーっぽい気がしなくもないですが。。
僕自身、前にバイクの免許を取ってからずっと乗っていたのはヤマハ SR400でした。もう、大好きで。
数年前に事情があって友人に譲ったのですが、乗っていて楽しいバイクでした。

SR400って、キックでしかエンジンかけられないんです。セルが付いていないので、キックスタートのみ。だから、信号とかで止まった時や渋滞時に油断するとエンストして、後方の方に ごめんなさいってしなきゃいけなくなる。苦笑
バイク初心者でSR400乗ってたので、乗り始めの頃は頻繁でしたよ。笑

買い物行っても、帰りに何度蹴ってもエンジンかからなくって、バイク屋さんやバイクに詳しい友達に電話してコツを聞いたりとか、いろいろありましたね。
でも、慣れれば一発でかけれるようになるし、バイクが僕に慣れてくれたのか、エンジンがかかりやすいバイクになった気がして。終盤は、寒い朝でも割と一発でエンジンがかかり、エンストもなくなって、気持ち良く乗ってました。

単気筒エンジンのトットットッっていうエンジン音も心地よく、気持ち良かったですし、暖気のためにエンジンかけて待ってると、通りかかったおじさんから、”SRかい?いいねえ、SR乗ってるって、渋いねえ。”なんて言われることが多くて、嬉しかった。笑

ミーハーなので(笑)最新のモノも好きですが、こういうクラッシックなモノも好きですね。

 

ハーレーやトライアンフなどにも乗ってみたい憧れはありますが、SR400をまた手に入れて乗りたいなあ。
だんだんと春が近づいていく今、バイクに乗るには一番気持ちいい時期でもありますから。

 




You may also like...