【レビュー】LEUCHTTURM 1917 ノートブック

一年も半分以上が過ぎ、それでもまだ3ヶ月も残っているというこの時期に、
急に新しい手帳が欲しくなってしまった僕。笑

購入したのは、LEUCHTTURM 1917のノートブック ミディアムのドットです。
ずっとMoleskinを使い続けていたのですが、
もう少し幅が欲しかったんです。
そんな中、たまたま見かけたこの手帳のサイズがとても気に入って、
次に手帳を買うときは、これにしよう、と決めていたのでした。

ただ、ドットにしたのは初めて。
MoleskineもRodiaも、絵を描いたりすることあるので、ずっと無地を使っていたんです。
なぜドットにしたのかは、また次の投稿にて。

さて、LEUCHTTURM 1917のご紹介です。
LEUCHTTURM、なんて読むんだろう、と思ってましたが、
“ロイヒトトゥルム”と読むみたいです。
ドイツ語らしいですよ。
このLEUCHTTURMは、1917年にハンブルクで生まれた高級ステーショナリーブランドで、
細部の違いが大きな違いを生むことを一つのコンセプトとして掲げて取組んでいるブランドの様子。

そのコンセプト通り、確かに何気ないところに気が利いていています。
例えば…

Indexのページが最初からある

IMG_5376

何ページに何が書いてあるのか、すぐにわかるように、インデックスのページが最初から作られています。

IMG_5378

そして、各ページにはページ番号がすでに印刷されているので、
わざわざページ番号を書き込む必要がありません。

 

栞が2本ついてる

IMG_5382

この手の手帳(ノート)だと、真新しいページ以外にも、頻繁に開くページがあったりしますよね。
そんな状況にも対応出来るよう、栞が2本ついてます。
色も違って、ちょっとオシャレ。

 

綺麗に切り離せるよう、ミシン目入りのページがある

IMG_5384

写真、ちょっと見にくくてゴメンなさい。
赤い矢印の先に、ミシン目があるの、見えますか?
これ、手帳に挟まってた手帳の特徴が書かれている紙がふと目に入った時に偶然目にしたんですが、
手帳の後ろの方の一部のページには写真のようにミシン目が入っていて、
切り取りやすいようになっています。

時々あるんですよね、書いたメモを渡したい時や、一枚紙をもらえないかと言われたりすること。
Moleskineを使っていた頃は、破こうとしてもうまくいかなかったこともあって、
以来、大きめな付箋を一緒に持ち歩いたりしてました。でも、ちょっとかさばるんですよね。

このミシン目は、小さなことですが、結構侮れない、でも嬉しい配慮でした。

 

カラーバリエーションが豊富!

home-farbrange
<image from LEUCHTTURM 1917

今回、僕はブラックを買いましたが、カラーバリエーションがとっても豊富!
ホワイトかネイビーも良さそうだったので迷ったのですが、
無難にまたブラックにしてしまいました。笑

男性だけでなく女性も選びやすい色がたくさんあって、
持っているだけでもテンションが上がりそうな色合いですよね。

 

Moleskineと同じところも

IMG_5380

手帳の外観は、まさにMoleskineと変わらず、といった印象ですし、
背表紙の内側には、Moleskineのようにポケットも付いています。

ちなみにサイズですが、縦はMoleskineのLargeと全く同じですが、幅が2cmほど広くなってます。

 

おまけ?で、ラベルシールも付いてます。

IMG_5381

手帳を使っている時でも、使い終わって保管する時でも、
何の(もしくはいつの)手帳なのか外観からでも判別できるようにラベルのシールが付いています。

これ、シールだけボックスに貼ったら、インテリア的にもオシャレになりそうですね。

 

まとめ

まだ買ったばかりで、少し書き込み始めたばかりなのですが、
大きさもちょうどいいですし、ドットも邪魔にならない大きさ・濃さなので、
とても使いやすい印象です。
なんか、久しぶりにいい買い物した気がしてます。笑

スケジュール管理はiPhoneでしてますが、
アナログの紙と鉛筆、ペンは、やっぱり大事ですよね。

LEUCHTTURM 1917のノート、オススメです。

 

LEUCHTTURM Amazon

LEUCHTTURM 1917

 


You may also like...