【レビュー】Anker PowerCore 10000を購入!ちっちゃいぜー!

これまでずっと使っていたモバイルバッテリーがついにダメになってきたので、
この間新発売になった世界最軽量というAnkerの「PowerCore 10000」を購入しました。
ご紹介します!

 

 


パッケージ

IMG_4574

IMG_4576

 

前に購入した充電アダプターもそうでしたが、パッケージングが丁寧ですね。

バッテリー本体とアクセサリー

IMG_4582
箱の中に入っているのは、バッテリー本体と充電用ケーブルとポーチです。
ポーチ、何気に嬉しいですね。少しクッション性があるので、ケーブルと一緒に入れて持ち運びできます。

 

サイズ&デザイン

IMG_4675

 

で、肝心なバッテリーのサイズですが…
ちっちゃい!

縦6cm x 横9.2cmという小ささ。

投影面積は、クレジットカードとあまり変わらない大きさです。
見た目も十分小さいのですが、側面がカーブになっているので手で持つと小ささが際立つ印象です。
ちなみに厚みですが、写真を撮っていないのですが硬貨なら伝わりやすいと思って比べてみたのですが、1円玉の直径とほぼ同じぐらいでした。
気にならない厚さです。

重さは180g。
正直にお伝えすると、以前使っていたのが6000mAhで割と重量もそこそこだったので、それに比べると少し重くなりました。でも、4000mAhも増えたのでそれに見合う重さになったと思ってます。
もっとも、iPhone 6を4回も充電できるという安心感の方が大きい。
iPhoneを充電した後でも、iPad mini 4やモバイルルーターなども充電できると思うと心強いです。
実際の持ち運び時にはバックパックのポケットに入れていますが、全然気になりません。

デザインは、とってもシンプル。
本体左側にAnkerのロゴが刻印されていて、反対側上部には、バッテリーの残量を示すLEDライトが。

IMG_4580
LEDライトは、側面にあるボタンを押すと光ります。
4つ光ると残量100%。そして、2つで50%。ライト一つあたり残量25%が目安になっているようです。

 

電池容量は10000mAh!

いままで僕が使っていたものの中で一番大きい容量です。
iPhone 6を約4回、iPad mini 4を1回充電できます。
このバッテリーを充電するのにかかるのは、およそ6~7時間。

同じAnkerのPowerPort 4などを使うと、急速充電してくれると説明書にはありますね。
どちらにしても、夜寝る前に充電すれば、起きる頃には満タンです。

 

IMG_4583

気になったのは…
バッテリー充電用のケーブルのマイクロUSB端子が結構きつめだったこと。個体差で、たまたま僕のだけキツめだったのかな?
ケーブルの根元をしっかりつかんで引っ張れば良いと思っても、ケーブルはケーブルで僕の指だと結構滑る。。。いつかケーブルの端子だけ残して抜けてしまいそうで怖いかな。。
最悪ケーブルだけ壊れちゃった場合、交換または低価格でケーブルだけ購入できると嬉しいです。Ankerさん、大事に使うので、その点だけぜひよろしくお願いします!

 

総評

買って良かった大容量バッテリー!
10000mAhあるので、外出時に結構しっかりiPhoneなどを使っても安心です。
180gと苦にならない重さですし、コンパクトさも素晴らしい。
容量もできるだけたくさん欲しいし、大きくなくて軽いモバイルバッテリーをお探し中の方には、ぜひおすすめしたい製品です。
また、色はホワイトもあるようです。ブラックの外観が気になるという方には、こちらが良いかもしれませんね

外見がシンプルなので、僕はステッカーでカスタマイズして使っていこうかな。

執筆時現在、Amazonだと2,290円のセール価格になってます!ご希望の方はお早めに!
 

 

 


You may also like...