【レビュー】ANKER PowerPort 4

ANKERのPowerPort 4 (white)を購入しましたので、ささやかながらレビューです。

PowerPort 4は、USBが4口が付いた充電器です。
Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostで急速充電にも対応。
4機のUSB充電対応の機器を一度にスピード充電できるスグレものです。

外箱

IMG_3888

とても綺麗でしっかりした箱に入っています。

一昔前ではこういうアクセサリー類にしっかりした外箱が使われることってあまりなかったと思います。Appleが製品の外箱にも繊細な作り込みをするようになってからでしょうか。
外箱が綺麗だと受け取った時に嬉しいので、やっぱりいいですね。

 

製品外観

IMG_4257

IMG_4260

大きさは、MacBook ProやMacBook Airの充電器と同じぐらい。
差し込みプラグが収納式なのですし、重さもMacBook Proなどの充電器よりも軽いので、持ち運びにも便利です。

USBの差し込み口はコンセントのプラグの反対側に。
4口縦に並んでいて、一番上には充電中の状況がわかるよう、ランプがついています。

 

使用感

実際に充電にかかる時間ですが、僕が充電してみたところ、以下のような状況でした。

iPhone 6 バッテリー残量 20%→100% : 約2時間15分

iPad mini 4 バッテリー残量 25%→100% : 約2時間

Apple Watch バッテリー残量 35%→100% : 約1時間

コチラ↑はあくまでも目安でお考えいただきたいのですが、iPhone 6は、充電中にメールや電話が入ったので、通信しながら このくらいの時間かかりました。メーカー発表だと2時間とされているので、メーカーさんのおっしゃる通りです!素晴らしい。

iPad mini 4は、思ってた以上に充電が早かったです。

また、急速充電に関してですが、充電の様子を見ていたところ、Apple Watchの急速充電と同様に90%までは急速充電し、100%までは充電ペースが調整されているのかな、という印象でした。

この充電スピードなら、夜寝る前に充電し忘れても、出勤・外出前に1,2時間あれば十分な充電残量をもって出かけることができそうです。

 

総評

購入した理由は、出張や旅行時に充電する際、コンセントの利用出来る数が限られているため、スマホやタブレットなどのガジェット類の充電を全てできなくなることがあるからです、
また、友人や恋人、家族と旅行に行く時にも便利だと思いますよ。行った人みんなで一度に充電できますから。

AnkerからPowerPort 4にはこのホワイトのほか、ブラックも発売されています。今回は、MacBook Proの充電アダプターに合わせて白にしました。

また、4口のPowerPort 4のほか、2口のPowerPort 2も発売されています。
実は、ちょっと迷ったんですよね。4口にするか2口にするか。
でも、充電が必要なものが増えていっていたので、今後も増えるだろうということで4口にしましたが、これにして良かったと思ってます。

 

毎日お使いになる方も、出張や旅行時のみの使用にする方も、ひとつ持っておけば便利ですよ。
充電時間を短縮したい方、一度に多くの充電を一つのコンセントで済ませたい方におすすめです。

 

 

 


You may also like...