【レビュー】Amazon Kindle paperwhite

年末に2017年の抱負を、と考えたとき、最近本を読む量が減った気がしたため、
今年はもっと本を読むために前から興味があったAmazonのKindleを購入してみました。
ちょうどセール中だったし、いい機会だな、とも思って。

Kindleには、KindleKindle paperwhiteKindle paperwhite(マンガモデル)Kindle VoyageKindle Oasisの5種類があります。

通信はWi-Fiだけでなく、3G通信ができるものがあるほか、全てのモデルにキャンペーン情報(広告)が入るものと入らないものがありますが、僕が選んだのはKindle paperwhite(Wi-Fi/キャンペーン情報なし)のものです。

理由は、3Gで通信を外出先でするかといえば、それほどしないだろうと思ったことや、起動時に毎回広告が入るよりは、起動してすぐに本を読める方が紙の書籍を読むような感じでイラつかないだろうと思ったからです。
広告が入ると2,000円ほど安くなりますが、その辺は時短などの意味からもトレードオフです。

 

簡単ですが、レビューです。
 
 

外装

 

届いたとき、あまりの箱の小ささに、思わず”ちっちゃ!”と声に出してしまったほど、思ってたよりもサイズが小さかったのは、驚きでした。

iPad miniぐらいかな?(もしくはそれよりも一回りほど小さいだけ)と思っていたのですが、 Kindle paperwhiteは文庫本を一回りほど大きくした感じで、持ち運びにはすごく良さそう。

重さは205gだそう。とっても軽いです。
 
 

同梱物

 

箱の中には、本体と充電用のUSBケーブル、説明書。
いたってシンプルな内容でした。
 
 

外観

 

 

ついでに、裏側の画像と…

パワーボタンと充電用のミニUSB端子。この2つは下側に。

 

外観の印象は、なんとなく、おもちゃみたい(悪い意味ではなく。。)で電子機器って感じがしませんでした。

最初に持ったイメージは、子供のおもちゃで、文字や絵をスクリーンに書いて、付いているバーをスライドさせると書いたものを消せるもの、ありますよね?

今の時代はもうないのかな?

でも、そのおもちゃのイメージ。思わず画面をこすって字などを書いて遊びたくなりそうな感じです。笑

こう書いているのは、悪い意味ではないです!

気軽に使いやすいイメージがあるので、電子機器だからといって過度に気を使わないのは良いよね、ってことです。

 

 

抜群の読みやすさ!

 
読書が目的で購入した製品ですから、一番気になるのは読みやすさです。
早速電源を入れてWi-Fiにつなぎ、Amazonのアカウントを登録すると、これまでiPhoneやiPadのKindleアプリで読んでいた本がダウンロードされました。

試しに一冊開いて文字をみてみると、めっちゃ見やすい!

e-inkのスクリーンって初めてみましたが、画面そのものが光らないだけに目に優しい印象です。

解像度についても少し心配してたのですが、本を読む時には全然気にならないですね。

 

 

KindleとKindle paperwhiteの違い

 
上記2製品でどちらを購入するか、が僕が一番迷ったところでした。
この2製品の大きな違いが、ライトが付いているかいないか、なのですが、e-inkを使った製品を使ったことがなかった僕はその表示状況がイメージできず、購入にあたってはある意味賭けでした。笑
でも、サイドライト付きの Kindle paperwhiteにして正解。
ライトをつけて表示した時が下の画像のような感じなのですが、見やすいです。

これなら少し暗いところでも楽に読めます。

 

 

気になるところ

 
良いところばかりでないのは、どの製品でも同じだと思います。
Kindle paperwhiteの気になるところは、本の切り替えなどが少しもっさりする印象があること。タッチパネルの動作の問題でしょうか。
そして、これはスマホやタブレットのアプリでも同じですが、ハイライトをつけたいところにすんなりとつけられないことです。

後者については、紙に直接マーカーを引くのと画面上で引くのでは、違いが出ても仕方ないのかもしれませんが、本の読み途中で別の本に切り替えたいときや、Kindle paperwhite上で本を購入したりするときは、少し気になります。

 
あと、レビューの範囲外だとは思いますが、雑誌など写真が多くあるものには向かないです。
なにせ、モニタが白黒なので。
写真や絵などが見たいときは、スマホやタブレットのKindleアプリで見るのが正解だと思います。
 
 

まとめ

 
今まではiPhoneやiPadのアプリで本を読めれば十分だし、わざわざ読書専用端末を購入する必要ないと思っていたのですが、スマホやタブレットは多機能で便利な反面、読書という用途においてはライトが長時間モニタを見続けるには目にきつい気もしてたんです。

Amazonのプライム会員なら、Kindleを購入すれば毎月1冊無料で読めるし、年間読みたい量とそれにかかる金額、紙の本の場合に保管するスペースなど考慮したら、試しにKindleを一つ購入するのもありかな、と思って。正直、衝動買いにも近かったですけどね。笑

でも、購入したら、とても良い!

多少気になる点があっても、僕個人的には、まあいいか、と思える程度ですし、
何よりも目に優しく、本を読めるという目的は十分に果たしてくれています。

Amazonでは、現在(執筆時)もキャンペーンを行なっていて安く買えることも多い印象ですし、
本やマンガなどを電子書籍で読む人にとっては、購入を検討しても良いアイテムだと思いました。

さて、今年はすでに1冊、読み終えましたので、これから何冊読めるか楽しみです!
ガシガシKindle paperwhiteを使い倒していきたいと思います!
 

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ホワイト
Amazon (2016-04-26)
売り上げランキング: 173

 

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック
Amazon (2016-10-21)
売り上げランキング: 299

 

  


You may also like...