【レビュー】『Amazon echo dot』を使ってみた

Appleのスマートスピーカー、ついにアメリカでの発売日が発表になったようですね。

スマートスピーカーの先駆け(?)ともいえるAmazonのスマートスピーカーですが、
『echo dot』の購入権利を得ましたので購入し、使ってみました。

簡単ですがレビューです。
(実際に届いたのは昨年末だったのに、レビューが遅くなってしまいました。。。)

 
まずは外観と同梱されていた備品たち。

 

それでは、設定してみましょう。でも、ちょっとややこしい

まずはecho dotとスマホをwi-fiで繋げます。

echo dotはwi-fiの電波も出せるようで、これにスマホを繋ぐのですが、
その前にAmazon Alexaのアプリをスマホに入れる必要が。。

なので、

1) スマホにAmazon Alexaのアプリをダウンロードする。

2) アプリを開き、Amazonのアカウントでログイン。

3)echo dotのスイッチオン。

4) echo dotのwi-fiにスマホを繋ぐ。

5) Amazon Alexaのアプリ上で室内のwi-fiにecho dotの接続を繋ぎ直す。

となりました。

アプリが必要なんて知らなかったため、ちょっと手こずりました。

そして、echo dotの音量が思いのほか大きかったので、びっくりした。苦笑

ここまで設定したら、あとは話しかけると答えてくれます。

 

echo dotの起動ボイスコマンドは、”アレクサ!”

AppleのSiriは、”ヘイSiri!”ですが、Alexaは”アレクサ”と呼べば反応してくれます。

”アレクサ、今日の天気は?”みたいに。

Googleだと、”OK, Google”ですよね。

Siriにしても、Googleにしても、”ヘイ!”とか、”OK”とか、日本語でコマンドを伝えようとすると、なんか変だ、って友達と盛り上がったことがありますが、

Alexaの場合は、人やペットに声をかけるみたいに名前だけを呼ぶので、自然な印象です。

”〇〇ちゃん(名前)、テレビつけてくれる?”みたいなのが良いですよね。

なお、起動コマンドは、”アレクサ”のほかに、”アマゾン”、”エコー”、”コンピューター”からアプリ上で選択することもできます。

 

”スキル”を入れて、できることを増やす

読み上げてほしいニュースやスポーツの試合結果、スマートホームとの接続などは、Alexaアプリから”スキル”と呼ばれる機能(アプリ?プログラム?)を入れる必要があります。

デフォルトだと、天気やAmazon musicからかな?音楽をかけてくれたり、NHKのニュースを読むスキルなどが入っていますが、ほかにもたくさんの”スキル”を入れられるようです。

朝、コーヒー淹れながら天気予報を聞いたり、ニュースのハイライトを読み上げてもらうのは、便利だなあって思いました。

 

ここで、個人的な問題発生

実は僕、英語の勉強も兼ねて、デフォルトの言語設定にある日本語から英語に変えて使おうとしていたのです。

英語で話しかけて、英語で返答してもらえば、英語で会話しているみたいで良いなって思って。

でも、日本国内で使えるスキルは言語設定が英語になっていると使えないものが大半のようで、アプリでスキルを足そうとすると、”日本語に設定を変更した方がたくさんのスキルが使えるよ”的なアラートが出てくるんです。

国内のニュースやサービスを提供している側からすれば、日本語で提供するのは当然といえば当然だと思いますが、日本語オンリーってのも、ちょっと残念。。。

じゃあ、逆にアメリカのスキルは使えるの?といえば、そうでもない。

だから、言語設定を使用する国に合わせないと、ものすごく限定された使い方しかできない感じです。

大使館などで日本に赴任中の方々とか、不便だろうな。。

 

日本語は、やっぱりまだ不自然に聞こえる

話しかければ答えてくれるAlexaは、正直なところ、Siriと比べても結構反応も良くて嬉しい気もするのですが、日本語だとまだ不自然に聞こえます。

英語だとそれほど違和感を感じないのは、僕の英語力不足のせい?それとも、アメリカで作られたものだから??

日本語って、やっぱり難しいんですね。

そう思うと、デーブ・スペクターってすごい。笑

 

気になったところ

当然ですが音声のみの操作になるので、あまり声を出したくなかったり、音量が気になる時にも使いにくいです。

音量については、Alexaの音量と各スキルの音量(NHKニュースや音楽とか)に若干ですが差があるため、一定しないのも気になります。

Alexaの方が音量が大きくて、各スキルの音量の方が小さいのです。
 

あと、一番大事なところかもしれないのが、音声で操作や伝えてくれるので、環境によっては周囲の人も聞こえちゃうこと。

アメリカの住宅事情で誰もが思いつきそうなのは、広さだったりするかもしれませんが、部屋自体それほど広くないニューヨークなどではドアもしっかりしていて、遮音性が高め。

広ければ音量もある程度低ければ、周囲の人に聞かれることもないでしょうし、遮音性の高い建物も同様です。

でも、日本の住宅事情って、多くが遮音性が低めな気がするんです。

高速道路や国道沿いなど、トラフィックの大きな通りに面した高層マンションなどは、遮音性が高い構造のところが多いと思いますが、少し道を入って静か目だと、お隣や上下階の方の動きや会話が聞こえてくるアパートやマンションもちらほら。

そんな中で”Alexa、テレビつけて”って言ったら、テレビをつけてくれるかもしれませんが、そう言っているのを聞かれたら、”お隣さん、これからテレビ見るんだ”とか、

”Alexa、今日の予定は?”って聞いたら、ご近所さんから”あの人の今日の予定は、〇〇なんだ。”って思われちゃう。

プライバシーもいいところかなあ、って。
だから、さらに低音量でも使える方が良いなって思います。
 

 

総評

新し物好きのミーハー気質だけで購入してみたAmazon echo dot、話しかけるだけで天気予報やニュースを聞きけるのは便利です。

話しかけて使えるのって便利なのですが、反応しなかった時や、何度も言わなければ必要な内容が返って来ない時はイラっとするし、そういう時は自分で動いた方が早いって思っちゃいますので。。。

だから、個人的には購入を慌てなくてもまだいいかな?って思うのが正直な感想です。

 
アメリカではこの手のスマートスピーカーの普及率が高いらしく、使い始めたら手放せないと感じる人が多い様子。

AppleのHomepodも近い将来に日本でも販売されるでしょうし、
このスマートスピーカーという分野が今後、日本ではどの程度普及するか興味深いところですね。

 

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック
Amazon (2017-11-15)
売り上げランキング: 2

  
実は、ホワイトが欲しかった。。。
間違えて注文してたんです。苦笑
 

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ホワイト
Amazon (2017-11-15)
売り上げランキング: 5

  


You may also like...