来年、iPadは全てiPad Proになるかも?!

来年の春に発表されるであろう、iPadは全てiPad Proに統一されるかもしれないと、「Macお宝鑑定団Blog」が伝えています。

記事によると、”信頼できる情報筋”から得た情報では、
次期iPad Proは12.9インチモデルと、10.1インチモデル、7.9インチモデルの3サイズとなり、
現在の9.7インチモデルは、10.1インチモデルとなって、サイズも縦約1cm、横約0.5mm大きくなるそう。

また、7.9インチモデルは、iPad mini 4の後継モデルとなるようで、他のProモデルのように、Smart Connectorを搭載し、4スピーカーオーディオ仕様に変わり、Display P3対応True Toneディスプレイ、1200万画素のiSightカメラ、True Toneフラッシュなども採用される見込みのようです。

 

個人的に、画面のサイズが大きくなるのはいいことだと思いますが、一方で機動性も確保してもらいたいのが正直なところ。

持ち運びの際、どこか大きく感じてしまうため、9.7インチモデルに戻ることに躊躇している僕としては、現在のディスプレイサイズはそのままに、ベゼルを無くして欲しいです。特に画面横側。
だから、仮に10.1インチモデルになっても、本体サイズも大きくなるのは嫌だなあ。。

もし本当にこのサイズが発表になったら、プロセッサーの性能が向上しているにしろ、現行のiPad Pro(9.7インチモデル)のサイズを妥協した上で購入するのが僕にとってベストになるかもしれません。

<image from Apple>

<via Macお宝鑑定団Blog>

 


You may also like...