Appleのイベントで発表されたプロダクト まとめ

日本時間9/13の午前2時より開催されていたAppleのスペシャルイベント。
今回の件は、Appleの新キャンパス”Apple Park”敷地内にできたばかりの”Steve Jobs Theater”で行われました。
こけら落とししですね。
それだけに、どんなものが発表されるのか、いつも以上に楽しみにしていたこのイベント。

当日も夜中まで起きていたのですが、翌日に体調崩してしまい、更新できませんでした。。。

キーノートの画像をいくつか差し替えながら、
発表されたプロダクトを、ざっとおさらいしてみます。

  

Apple Watch

Apple Watch Series 3って名前になりましたね。
まあ、この辺は、まあそうだよね、ってところですよね。笑

事前にも噂されていた通り、セルラー機能が追加され、iPhoneに依存することなく電話やメッセージやSiri、地図やセルラー機能が必要なアプリが使えるように。

なお、電話番号はiPhoneと同じ番号が使われるそうですよ。

また、容量も増えて、4,000万曲をApple Watchに入れて聴くことができるようにもなりました。
この辺りは、iPodが発表されたキーノートが思い出されます。

サイズも、Series 2と同じサイズとのことですので、驚きです。

価格は、アルミニウムケースの45,800円からスタート。
Series 3には、セルラー機能のない、GPSモデル(こちらは36,800円から)も発売されました。

そのほか、Wi-FiやGPS機能の強化なども含まれているそうです。

9/15、オーダー受付開始。発売は9/22だそうです。

以前、発表されていたwatchOS 4は、9/19リリース。
そして、そのほかに新しいバンド、”スポーツループ”や既存のバンドの新色も発売になりました。

  

Apple TV

Apple TV 4K、登場です。

ついに4Kに対応しました。

しかも、ただの4Kではなく、4K HDRに対応。こちらの方が色鮮やかに映像が映るそうです。

A10Xチップ搭載。こちらは、iPad Proにも使われているもので、
これまで購入した4Kの映画も、4K HDRに無料で置き換えてくれるそうです。

4K HDR対応コンテンツの問題かライセンスの問題かわかりませんが、第一弾発売国に日本は含まれていなかったのが少々残念。
それほど遅くならないうちに、日本でも発売されるといいですね。

32Gモデル $152から。

こちらも9/15、オーダー受付開始。発売は9/22だそうです。

  

iPhone

iPhone 8 & 8 plus、発表!!

アルミをガラスで挟んだデザインは、iPhone 7と4を足して2で割ったような印象。

シルバー、スペースグレイ、新しいゴールド

スピーカーも音量が大きくなり、ベースも強化されたそうです。

チップは、A11 BIONICという新しいチップになるそうです。こちらのチップは、6コアだそうだからすごい。

これまでのチップよりも30~70%早く処理が早くなるそう。

カメラは、12メガピクセルのカメラにアップグレード。
A11 BIONICチップのおかげで、暗い場所でもキレイに撮れるほか、フォーカス速度も速くなりました。
ディテールやテキスチャーの再現力も高まり、色も鮮やかに映せるそうです。
ポートレートライティングという新しい撮影モードも追加に。いくつかのライティングモードから好きなライティングエフェクトを選んで撮影できるようになりました。こちらはAppleのHPを見ると、”ベータ版”、ってなっていますね。

そして、ビデオ撮影機能も強化。
4K 60fpsの撮影もキレイでスムーズになり、
スローモーションもこれまでの機種よりも2倍の1080p 240fpsになり、スムーズに映せるようになりました。

AR機能も追加。
ゲームはもちろんのこと、スポーツ観戦時にリアルタイムで選手の情報を追加したりと、処理速度も早く、とてもスムーズに行えるそうです。
AppleはARに力を入れているようで、それとも、チップの処理能力の高さを示すには、ARが一番説明しやすい方法なのかわかりませんが、前回から結構ARに関係するプレゼンが出てきますよね。
とはいえ、ARでナビされたら絶対便利ですし、商品情報などが知れたら、未来感ハンパないです!BTTFみたい。笑

噂のワイヤレス充電も可能になりました。
Qiワイヤレス充電に対応しているそうなので、すでに販売されているQiの規格に合うもの全てが使えるようになるのは嬉しいですね。

iPhone 8は、78,800円から、
iPhone 8 Plusは、¥89,800 (共に税別)からです。

こちらも9/15、オーダー受付開始。発売は9/22だそうです。

そして、9/19にiOS 11がリリースされるそうですよ!
無料で今持っているiPhone(の中身)をアップグレードした感を味わえるiOSのアップグレード。
iPhoneとは少し話がずれますが、今回は今年発売されたiPad Proを利用している方は特に、そのiPad Proの性能をより発揮できるようになる大きなアップデートの様子。僕も10.5インチのiPad Proを使用中ですので、楽しみです。
お持ちのiPhone/iPadが対応しているかは、こちらのサイトをご覧ください。

  

そして、久しぶりの“One more thing…”

  

iPhone X(テン)!!

フルスクリーンのiPhoneです。

ステンレスをガラスで挟んだデザインは、ホームボタンもないです。

色は、スペースグレイとシルバー。

Super Retina Displayを採用したディスプレイは、5.8” 2436 x 1125px 458ppiで、
色の再現性や画面の焼きつきなどの有機ELディスプレイのもっていた弱点も克服し、
これまでのiPhoneで最も美しいディスプレイだそう。

ホームボタンの廃止に伴い、ロック解除やホーム画面への返還やアプリの切り替えは、上スワイプでできるそうです。
Siriは、横のパワーボタンで起動。

そして、Touch IDはどうなったのか…?といえば、Face IDという顔認証に変わりました。

顔の30,000箇所のポイントから顔の作りを判断しており、
誤認証の確率はTouchIDよりもはるかに高く、100万分の1だそうですから、すごいです。

暗い場所でも、髪型を変えても、眼鏡をかけても、帽子をかぶっても、一度登録した顔はきちんと認識できるそう。

ちなみに、写真や模造したマスクでは、解除できないそうです。が、双子は認証しちゃうそう。笑

こちらのFaceID、Apple Payをはじめ、TouchIDに対応しているアプリで使用でするそうです。

この顔の造形をキャッチするセンサーがついたことによって、絵文字もアニメーション化。
自分の顔の動きを認識して、笑ったり首を振ったりした顔をビデオにしてAppleメッセージアプリで送れるそう。

バッテリーも、iPhone 7より2時間延長!

充電は、iPhone 8と同じく、Qiワイヤレス充電が可能に。

それだけでなく、Apple Watch Series 3や新しいケースに入ったAir Podをぜんぶまとめて充電できる”AirPower”も準備中とのこと。発売は来年の予定だそうです。
 

話は戻って、iPhone Xの気になるお値段ですが、
64GBが112,800円、
256GBが129,800円(共に税抜)
オーダー受付は10/27。発売は 11/3だそう。

  


You may also like...