AirPods、買っちゃった。

買っちゃいました。笑

結局買ったのかよ?!って思われても仕方ないですし、
6週間待ちなのに、買えたのか?!と思う人もいらっしゃるかと思いますが、
買っちゃいました。

その理由と買い方のコツ(?)は、レビューのあとで!

先にサクッとレビューさせていただきます!

 

 

やけに重厚感あるパッケージ

上の写真がパッケージなんですけど、相変わらずパッケージ、素晴らしい。
写真だとわかりにくいかもしれませんが、イヤホンにこんなにしっかりした箱、いる??って思ってしまうほどしっかりした箱に入っています。
iPhoneやApple Watchなどと同じくらいのしっかりした箱なんですもん。
高級感ハンパないです。

同梱されているのは、AirPodsと充電ケース、USB-Lightningケーブルと説明書。

USB-Lightningケーブルは、AppleがUSB-Cを推奨していくのであれば、USB-C-Lightningケーブルを付けて欲しかったかも。
そして、iPhone 7/7 Plusにイヤホンアダプタが付いたみたいに、ちっちゃいUSBアダプタをセットにしてもらいたかった。
まだUSB-Cの普及率が低いからなのでしょうけれど、どこかで方向性を統一してもらわないと いつまでたってもアダプタ地獄から抜け出せなくなっちゃうし、早くから新しいガジェットを取り入れた人が泣かなきゃいけないみたいでちょっと辛い。

 

 

かわいらしい外観

すごくシンプル。
ケースが真っ白でコロンとしていて、とってもかわいいです。
そして、すっごく小さい。

デンタルフロスでケース入りのものがあると思いますが、それを一回りほど大きくした感じ。
iPhone 6と並べてみると、こんな感じです。

AirPods本体も小さいですが、ケースもすごく小さい。
これで累計で24時間近く使えるみたいですから、すごいですね。

そして、結構作りがしっかりしています。
マグネットで蓋が閉じたり、AirPods単体が納まったりするので、逆さまにしても落としたりする心配がいらないのもいい感じです。


画像が荒いですが、裏側にはボタンがあり、これを押してペアリングし直したりできます。
 

 

蓋をあけると、iPhoneが反応して、ペアリングしようとします。
蓋の真ん中にあるランプは、充電やペアリングの状況によって緑やオレンジ色に光るみたいです。

 

 

ペアリングがあまりにも簡単でびっくり!

Bluetooth機器の宿命であるペアリング。
モノによっては結構面倒なんですけど、AirPodsのペアリングは、ケースを開けて取り出すだけ。

初めてペアリングする時は、ケースから取り出すとiPhone側にペアリングするかどうかのアラートがさっと出てくるので、OKするだけでした。
めっちゃ楽!

MacBook Proと初めてペアリングするのは大変だったけど。笑
Mac側で認識してくれなかったので、ちょっと手間取りました。。苦笑

 

 

快適な使用感!

先に書いておきます。
フィット感について、あくまでも僕の耳に対して、の話であり、気持ちいいぐらいにピタッと納まる耳を持っていらっしゃる方もたくさんいると思います。
なので、あくまでも僕の個人的な見解ですので、参考程度にしておいてください。

正直僕の耳には合わないので、安定してません。
僕は、AirPodsをつけて散歩に行ったり、走りに行ったり、アクティブに動きまわろうとは思いません。それしちゃうと、絶対に落として無くしてしまいます。特に右耳。笑
僕の耳に対しては、何となく軽く耳に引っかかっている程度のフィット感なので、圧迫感はゼロです。全くなし。
下手したら、つけていることも忘れてしまうレベル。

正直、これはびっくりしました。
AirPodsから音が出ているのか、iPhoneやMacBook Proのスピーカーから音が出ているのか、確認しようとしたほど。
(実際に確認しようとしたんですが、耳から外れると曲がポーズされてしまうので、確認するのも苦戦しました。苦笑)

簡単に言えば、自分しか聞こえないスピーカーで軽く曲を流している感覚でしょうか。

自然な感じですし、楽です。すっごい楽。

ヘッドフォンみたいにバンドもないので長時間使っていても頭痛くならないし、
カナル型イヤホンみたいに耳の奥が痛くなることもない。

これだけでも、ほんと買って良かった。

あと、音楽を聴いている時、片耳を外すだけで曲がポーズされたり、つけるとまた音が聞こえてきたりするのは、すごいと思います。
W1チップがこれらの処理をしているそうですが、本当に凄い。
iPhoneなどとの接続にしてもそうですが、英語圏の人が”Magic!”って言いそうな感じ。笑
 
あ、あと、つけた時の見た目ですが…..
 

どこかの民族みたい。笑

 

 

長く飛び出ているところがなかったり、あっても左右どちらか片方の方が良かったかな、やっぱり。

 

 

音は…

音の良し悪しについては、個人的な感覚によることだと思うので、それこそここで言うことでもないのかもしれません。
が、僕個人的には普通、でしょうか。
耳に合っていないこともあり、カナル型イヤホンやヘッドフォンで聴くよりも外の音の影響も受けやすく、繊細な音まで聴くには、グッと奥に押し当てたり、ヴォリュームを大きくしたり、夜静かなところで聴いたりしないと聞こえてこない。。。
だから、AirPodsがフィットする耳をしている方と音の感じ方がだいぶ違うと思います。
ま、電話で使うにしても音量を大きくすればいいし、仕事中は爆音で音楽聞かないので、僕の使用目的から言えば、無問題です。

 

 

バッテリー持ちは結構いい気がする

バッテリー持ちについては、まだ手にしてからそんなに時間も経っていないのでわからない面もありますが、午前中から夕方までずっと使ってみましたが、今のところ余裕です。
一回のフル充電で5時間って書いてあったと思いますが、(細かく測定したわけではありませんので、あくまでも個人的に)もう少しだけ長く持つような印象です。

 

 

気になるところ

ものすごく気になるのは、外れやすいことです。やっぱり。
ちょっと試しに外に持ち出して使ってみたのですが、僕の耳だと歩いている時でも落ちそうになってしまいます。
わかっていたことだけに、ショックはまあぼちぼち。でも、もっと僕の耳にもフィットしてもらいたい。苦笑
これを外でもなくすことを恐れずに動き回れたら、すごく快適だと思います。

Earhoox、買おうかな。
Earhoox 2.0 for EarPods (AirPods対応)ってのも出たっぽいし、良いかも。
 

Earhoox 2.0 for EarPods (AirPods対応) (ホワイト)
Earhoox
売り上げランキング: 1,961

 

 
あと、操作がダブルタップで、”Siriを起動する”か、”曲を再生・ストップする”かしか選べず、音量の上げ下げや曲のスキップなどはiPhoneかApple Watchからしかできません。
個人的には大きな支障があるわけではないけれど、操作の選択肢がもう少しあってもいい気がします。
iOSのアップデートとかでどうにかなりそうな気もするので、期待したいところです。

 

 

購入のきっかけ

話が前後しちゃうのですが、苦笑
AirPodsが発表された時、そのデザインが理由なのか、あまり購買意欲が唆られなかったんです。
本当、ふーん、ぐらい。
自分の耳にもあわないだろうし、見送りだな、って思ってました。

そんななか、ずーっとお気に入りだったAIAIAIのヘッドフォンが壊れ、次に買うもの決めていたのに、急に気になりだしたのが、AirPodsのつけ心地に関するレビュー。

”AirPodsは圧迫感ゼロで、どのヘッドフォンやイヤホンよりもつけ心地が良い。”というレビューが多く、それが魅力的に映ったんです。

だって、音楽聴いていて、頭が痛くなったり耳が痛くなったりするの、嫌じゃないですか。
それに、他のApple製品と比べても妥当なプライスセッティングも好印象でしたし。

で、決めたんです。とりあえず、入荷したら買うって(期間限定)。

Appleのオンラインショップを見ると、お届けまで6週間。
そんなに待ちたくないし、6週間も待っていたら、IndiegogoでバックしたイヤホンのAirが届くだろうから、そうなると無理して買うこともない。。
かと言って、AIAIAIのヘッドフォンが壊れたままで使えないのも厳しい。
だから、Airが届くまでの間、Apple Storeやどこかのお店で入荷があれば、その時に買えればいいかな、ぐらいに思ってたんです。

そしてある朝たまたま見てみたら、”受け取れる日 本日”って書いてあるじゃないですか!!!

じゃあ買わない手はないよね、って。

なので!
長くなり恐縮ですが、

AirPodsの購入を予定していて、お届け時期まであまりにも時間があり、そこまで待てないよ!って方は、
マメにAppleのサイトを見て、お近くのApple Storeで受け取れるか見てみるのも良いと思います。

この方法、残念ながら近くにApple Storeがないと難しい方法なので、
Apple Storeが近くにある地域に住む友達や家族にお願いしてみるのもいいかもしれません。

 

 

まとめ

AirPods、今年のクリスマスもだいぶ評判が良かったようですが、その評判通り、素晴らしい製品だと思います。
これならもっと早くに買っておいても良かったと思うぐらい。
年末のいつだったか、Apple Storeで受け取れるようになっていたのを見た覚えがあったので、その時に買っとけば良かったです。

耳に合う合わないがある製品ではありますが、完全ワイヤレスならではの開放感とつけ心地(掛け心地?)の良さは、自由を得た気がしてすごく楽。
音楽を聴く!っていうよりも、生活の中で流れるBGMを自然と楽しめる感じです。

外観は、ちょっと???なところもありますから、それが気にならなかったり、
屋内で気軽に音楽を楽しむために使うには、結構理想的なイヤホンだと思います。
  


You may also like...